難病に罹患し、毎月の通院についてのポイント

数年前に、今まで大きな病気ひとつしたことなかった私が、難病のひとつ、膠原病に罹患しました。意識が朦朧とする中、1ヶ月間の入院と、担当医の適切な判断により、軽症のうちに見つけることができ、通常2ヶ月以上は入院するようなところを、1ヶ月で無事に退院をすることができました。先生は、患者の意見を率先して聞いてくださるので、大きな大学病院ながらも、一人ずつの診察の時間をあせらせることなく、ゆっくりと話を聞いてくれることがとってもありがたいです。数年間通っている中で、大学病院は、いつでも混んでいます。最近では、朝一番の予約枠にしてもらい、9時からの予約に対し、朝一の採血採尿をするために、8時に受付をしています。8時の受付開始も7時30分頃に行くことで、5番目以内ぐらいに受付をできるようになっていますが、どうしても、5番目ぐらいに受付をしても採血は50番、60番などとなることがあります。あまりにも朝早く行くのも問題ですが、できる限り、朝一の枠を予約することが通院のポイントです。

PR|家計見直しクラブ|工務店向け集客ノウハウ|童話|初値予想|貯蓄|英語上達の秘訣|お小遣いNET|アフィリエイト相互リンク|心の童話|マッサージのリアル口コミ.com|クレジットカードの即日発行じゃけん|健康マニアによる無病ライフ|GetMoney|内職 アルバイト|オーディオ|女性向けエステ.com|