子供と病気

小児気管支炎から大人になり喘息。定期的に病院

私自身の事ですが、子供の頃から小児気管支炎になり、大人になってからも良くならず喘息持ちになりました。

喘息で困ったことはタバコが辞められず、発作中でも吸ってしまい悪化してしまいます。

悩みは元々なのか、喘息持ちで気管が狭くなるのか、アレルギー持ちだと、例えば動物。

アレルギー発作をおこしてしまうこともあります。

とにかく大人喘息は、一生付き合っていかないといけないと先生に言われたので、発作がおこらないように定期的に病院に行ってお薬、吸引器を貰うこと。

発作がおきてしまったとき用のお薬は何処に出掛けるにも常備すること。

アレルギー体質なら、近づかない、マスクをするなど自分自身で対策をすることです。

一番は、禁煙。周りが吸っていたり、お店であまりにも、もくもく煙がひどいなら、そのお店には入らないようにしています。

喘息はいつ発作がおきるかわかりません。

最近発作でてないなと思っていても急に発作がおきることもあります。

良くなっていても発作止めのお薬は毎日常備して下さい。
PR|乳がんの遺伝子検査は可能?